リシェルSIの価格を徹底解説。値引き率と見積もりをブログで公開します!【実例紹介】

リフォームや新築の時にリシェルsiを採用するとどのくらいの値段になるか気になりませんか?

今回、我が家の見積もりを公開しつつ、リシェルsiにどのようなアイテムがあるのか解説したいと思います。

記事の内容
  • 我が家のリシェルSIの価格
  • アイテムごとの金額
  • 見積もりの注意点

リシェルSIの金額は選択するアイテムによって金額が変わってきます

この記事を読んで大体の金額を把握していただき、リシェルsi採用の時に参考にしていただければ幸いです。

目次

ズバリ!我が家のリシェルSIの価格は?

総額1,044,150円

しかし、選択するアイテムによって金額は変わります。僕の家と全く同じアイテムを選択すればこの金額になると思います。

次の章では、アイテムごとの金額を詳しく解説します。

アイテムごとの金額は、僕が実際にトヨタホームで受け取った見積書を参考にしています。

そのため、ハウスメーカーやリフォームで設置する場合は金額が大きく変わってくる可能性があります。

最後、トヨタホームの見積もりと値引きについて注意点を書きました。

「リシェルSI」キッチン側のアイテムと価格

リシェルsiとその価格について解説します。またこちらの価格は実際にいただいた見積書をもとに記事を書いております。

見積もり書はこちら。

リシェルSIの見積もり書
よごれんフードに変更したので追加料金が発生しました。

それでは、パーツごとの金額とほかにどんなもの選択できるのか解説していきます。

キッチン天板(ワークトップ)

リシェルSI
天板
人造大理石トップ

リシェルSIで選択できるワークトップは4種類

  • セラミックトップ
  • 人造大理石トップ
  • ステンレストップ ソフトクラッチ スムーズドットエンボス
  • ステンレストップ 

僕の家は「人造大理石トップ」を選択。

人造大理石トップの見積もり

名称:リシェルSIキッチン天板 人大天板/Iタイプ24

カラー:シルフィーベージュ

見積もり価格:¥79,200

シンク

リシェルSI
シンク
キレイシンク

リシェルSIで選択可能なシンクはこちら。※まだ、ほかにもありますが値段が低いものは割愛します。

  • ハイブリットクォーツシンク
  • ひろびろキレイシンク
  • キレイシンク
  • ひろびろWサポートシンク(ステンレス)
  • Wサポートシンク(ステンレス)

我が家は「キレイシンク」を選択。

キレイシンクの見積もり

名称:リシェルSIキッチン部材 キレイシンク

カラー:マロンベージュ

見積もり価格:¥19,800

水栓

リシェルSIで選択可能な水栓はこちら。

  • ハンズフリー水栓
  • ハンドシャワー水栓

ハンズフリー水栓とハンドシャワー水栓は浄水機能付きの元とそうでない物が選択できます。

我が家はハンズフリー水栓(浄水機能無し)を選択。

ハンズフリー水栓(浄水機能無し)の見積もり

名称:リシェルSIキッチン部材 ハンズフリー水栓 寒冷地用

カラー:シルバー

見積もり価格:¥87,100

IHヒータ

IHヒーターはコンロタイプが3種類あり、そこから選択します。

  • オールメタル+IH タイプ
  • 3口フルIHタイプ
  • 2口IH+ラジエントタイプ

我が家は3口フルIHタイプ(Panasonic製)を選択。

IHヒーターの見積もり

名称:リシェルSIキッチン部材 3口IHヒーター750スタンダートP換気連動

カラー:シルバー

見積もり価格:¥144,000

レンジフード

レンジフードは種類が多くあり、値段で選んだり、機能性で選んだりすることができます。

我が家は「よごれんフード」を選択。

よごれんフードの見積もり

名称:リシェルSIキッチン換気扇 よごれんフード

カラー:シルバー

見積もり価格:¥192,380

食洗器

食洗器の選択肢はこちら。あの有名な「ミーレの食洗器」も選択可能。

  • 深型タイプ(Panasonic製、リンナイ製)
  • 浅型タイプ(Panasonic製、リンナイ製)
  • 深型タイプ(ミーレ製)

我が家は「深型タイプ(Panasonic製)」を選択。

食洗器深型タイプ(Panasonic製)の見積もり

名称:リシェルSIキッチン部材 フルオープンPanasonic製食洗器深型タイプ

カラー:シルバー

見積もり価格:¥132,850

キッチンパネル

キッチンパネルの選択肢はこちら。

  • セラフィールシリーズ
  • サテンタッチシリーズ
  • ソフトモザイクシリーズ
  • パールシリーズ
  • アクリルシリーズ
  • メラミンシリーズ

我が家は「パールシリーズ」を選択。カラーはピュアホワイト。

近くで見るとキラキラしていてきれいです。

キッチンパネルの見積もり

名称:リシェルSIキッチン部材 グループ2 パールシリーズ

カラー:ピュアホワイト

見積もり価格:1㎡あたり¥6,200

施工面積:2.6㎡

フロアキャビネット(カップボード)側のアイテムと価格

次にフロアキャビネットの解説をします。

リシェルSIのシステム収納はいろんな種類のものがあります。今回は我が家の収納アイテムのみご紹介します。

選択したアイテムは「3段引き出しスライドストッカ-」です。

3段引き出しスライドストッカ-を2つ並べて置き、その上にメラミンのカウンタを置いて家電が置けるようにしました。

フロアキャビネットの見積もり

名称:リシェルSIキッチン収納 フロアキャビネット スライドストッカ-(3段引き出し)

カラー:ホワイトレオ

見積もり価格:1セット¥48,400

カウンター

カウンターは収納ユニットの上に設置しているものです。

カウンターの選択肢はこちら。

  • セラミックカウンター
  • 人造大理石カウンター
  • メラミンカウンター

我が家は一番価格の安い「メラミンカウンター」を選択。電子レンジや炊飯器を置くだけなのでメラミンカウンターで十分です。

カウンターの見積もり

名称:リシェルSIキッチン収納 カウンター(メラミン)

カラー:ホワイト

見積もり価格:¥16,700

ウォールユニット側のアイテムと価格

ウォールユニットとは写真のように壁と天井にくっついている収納のことです。こちらは種類も多くあるのでいろいろなものから選ぶことができます。

僕が選んだアイテムはこちらです。

  • 開き戸(取手付)

我が家のウォールキャビネット開き戸は左右で2種類あり、左側の開き戸はダクト目隠し用になります。

ダクト目隠し用とは写真のように一番上の棚の奥にダクトの目隠しがあるタイプです。

ウォールキャビネット(開き戸)の見積もり

名称:リシェルSIキッチン収納ウォールキャビネット

見積もり価格:¥23,400

名称:リシェルSIキッチン収納ウォールキャビネット(ダクト目隠し用)

見積もり価格:¥37,200

我が家の見積もりはトヨタホームで施工したときの見積もり

この見積もりはトヨタホームの見積もりです。そのため、「リシェルSI」だけの工事費がわかりません

値引き率に関しても「リシェルSI」だけに適応ではなく、リシェルSIを含んだ家全体の金額に○○%引きという形で値引きされます。

我が家はトヨタホームでの値引き率は13%でした。そのため、リシェルSIを13%引きで施工できたことになります

トヨタホームの値引き率も人によって違うので注意が必要です。

リシェルSIを安く施工する方法は?

リシェルSIを施行する方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は、僕と同じようにハウスメーカーで家を建てるときにキッチンをリシェルSIにするという方法です。

この方法に注意点があり、建てたいハウスメーカーがリシェルSIを標準装備にしているかどうか確認する必要があります

標準装備にしていない場合はハウスメーカーによっても違いますが追加料金がかかってしまう可能性もあります。

エメラルド

トヨタホーム(シンセはぐみ)は標準装備でした

もう1つがリフォームで設置する場合です。

リフォームの場合は今あるキッチンを解体して、新しくリシェルSIを施行するというパターンが多いと思います。その際に注意しなければいけないのはリフォーム業者選びです。

日本にはリフォーム業者がいっぱいあります。その中でも良い業者を選択するのはなかなか大変なことです。リフォーム業者の選び方については別記事がありますのでそちらをご覧ください。

詳細記事:「リシェルSI」リフォーム設置する方法。作業手順や注意点、業者の選び方を徹底解説!

まとめ

いかがでしたか?

今回は我が家のリシェルsiについて解説してきました。

今回ご紹介した見積もりは我が家の金額です。これからリシェルSIを家に設置しようとお考えの仕方は金額の目安になるのではないかと思いますので参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下のアイコンをクリックして応援していただけると今後のブログ運営の励みになります☆

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村
エメラルド

ありがとうございました!

PVアクセスランキング にほんブログ村

お問い合わせはこちら↓↓

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    2021年にトヨタホームで注文住宅を建てました。その時のノウハウや注文住宅についてのブログを運営しています。

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる