リシェルSIのタオル掛けは何を使う?LIXILの純正タオルクリップ(TCP-50)がおすすめ!使い方とメリット・デメリットを徹底解説。

リクシルの純正タオルクリップの使い勝手が知りたい

こんな悩みに応えていきたいと思います。

僕はキッチンをLIXILのリシェルSIにして今回ご紹介するタオルクリップを無料でいただきました。とても使い勝手が良く皆さんにおすすめしたいと思いこの記事を書いています。

記事の内容はこちら。

記事の内容
  • 純正クリップ(TCP-50)とは?
  • 使い方
  • 使って感じるメリット・デメリット

無料でもらったのでなんとなく使っていましたが今現在使っていて夫婦共々とても満足しています。

またこのクリップはLIXILのキッチンを購入した人だけでなくクリップ単体で購入することができます。

タオルクリップって毎日使いませんか?

タオルの交換時に取れてしまったり手を拭くときにタオルが取れてしまうなどしてしまうと家事の最中イライラしてしまいます。

キッチンのタオルクリップをお探しの方はいちど検討みてはいかがでしょうか?

それでは解説していきます。

目次

純正クリップ(TCP-50)ってどんなもの?

リシェルSI
リクシル
LIXIL
タオルクリップ

純正クリップ(TCP 50)はLIXILが提供しているタオルクリップです。

とても使い勝手がよくLIXIL以外のキッチンにも使っていると言う話を聞きます。

またリクシルでキッチンを購入するとこのタオルクリップが無料でもらえる場合もあるみたいです。

エメラルド

我が家は無料でタオルクリップをいただきました

外観とサイズ

外観はこんな感じ。

リシェルSI
リクシル
LIXIL
タオルクリップ

色はシルバー色で我が家のリシェルsiによく合うデザインです。また本体固定用の部分もクリーム色なのでキッチンの扉に色がマッチします。

サイズは下記の画像に記載してあります。取り付け可能な扉の厚さは15mm〜20mmです。そのため厚さがクリアしていればどんな扉にも取り付けできます。

エメラルド

洗面所とかにも使えるからいいね

使い方

次に使い方について解説します。

本体の取り付け方

本体の取り付け方を解説します。

STEP
取り付ける場所の扉を開く

リクシルのタオルクリップは上部から取り付けます。そのため扉を開けていないとつけられません。

ちなみにこの扉はリシェルSIの「らくパット収納」です。

STEP
本体のレバーをつまむ

写真のつまみを矢印の方へ引っ張ります。そうすると取り付け部分のアームが広がります。

STEP
扉へ取り付ける

扉とアームの隙間がないようにしっかりと取り付ける。

取り付け状態はコチラ。

タオルのはさみ方

シルバーの部品を手前に引くとタオルを挟めます。タオルの挟み方は特に決まっていないのではさみやすい方法で取り付ければいいと思います。

参考までにタオルのはさみ方の例を画像に載せます。

タオルのはさみ方①
タオルのはさみ方②

リクシル以外のキッチン、その他扉にも使える

このクリップはLIXILの純正品ですか取り付ければ別にどこでも使えるので、キッチン以外でも使用できます。

ウツクシーズに取り付けた様子

ちなみに上の画像はPanasonicの洗面化粧台「ウツクシーズ」の扉に取り付けたときの画像です。

ギリギリつけられました。この記事を書くまで、つけられることを知らなかったのでもう一つ購入しようか今検討中です。

実際に使ってみての感想(メリット・デメリット)

次に実際に使ってみて感じるメリットとデメリットを解説していきます。

メリット

  • 取り付けが簡単でガタツキゼロ
  • タオルの脱着が簡単
  • 見た目がおしゃれ

取り付けが簡単でガタツキゼロ

さすが純正!タオルクリップにがたつきはほとんどありません。

僕自身タオルクリップはいろいろな種類を使ってきましたがやはり安いものや他社製品の中にはしっかりとフィットするものが少なくガタガタしてしまうものが多いです。

それに対してLIXILのタオルクリップはロック機能(バネによる)が付いているのでしっかりと本体を固定することができます。

また、固定する部分の部品が金属でできているので強度もあります。

しっかり固定する事でキッチンの扉の傷防止になったりタオルのかかっている場所が変わらず、位置調整の手間がなくなり、とても良いです。

タオルの脱着が簡単

タオルクリップにはタオルの取り付け方法が様々ありますが、リクシルのタオルクリップは銀色の部分を手前に引く事でタオルを簡単に挟むことができます。

キッチンのタオルは毎日取り替えると思います。その際にタオルが簡単に着脱できないと面倒になってしまいます。

毎日やる作業はできるだけ簡単で手間のかからないものを選びたいですよね。

見た目がおしゃれ

さすが純正!

と言わんばかりにリクシルのキッチンに合います。シンプルなデザインで色もとてもいい感じのデザインです。

白型のキッチンもしくはその他扉に合うデザインになっています。

正面の銀色の部分はキラキラしています。

LIXIL タオルクリップ

デメリット

対してデメリットはコチラ。

  • 金額が高い
  • 厚いタオルを挟むと取れやすい
  • 色が1色しかない

金額が高い

リクシルのタオルクリップですがAmazonや楽天で購入すると3000円から5000円の価格帯で設定されています。

タオルクリップに5000円も出せないよ、という人もいるのではないでしょうか。

ただ金額は高いですが僕はこれより使い勝手の良いタオルクリップを知らないので多少高くても投資する価値はあるのではないかと感じています。

厚いタオルを挟むと取れやすい

クリップの特性上あまり厚手のタオルを挟んでしまうとグリップ力が落ち外れてしまったりずれてしまうことがあります。一般的なタオルであれ問題ないですが使っているタオルによっては取れやすい場合もありますので注意が必要です。

色が1色しかない

メリットの部分で白系のキッチンに合うと言いました。

しかしリクシルのタオルクリップの色は一色しかなくキッチンが黒系統の場合、タオルクリップが浮いてしまう可能性があります。

個人的にはタオルクリップも黒っぽい色のデザインがあればいいなと思います。

エメラルド

LIXILさん作ってください

まとめ

いかがでしたか。

今回はLIXILのタオルクリップについて解説してきました。金額は高いですが使い勝手が良い使いやすいと言うレビューも多いです。

もし今使っているタオルクリップが使いづらいと感じている方がいたら、一度このLIXILのタオルクリップを検討してみてはいかがですか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちら↓↓

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    2021年にトヨタホームで注文住宅を建てました。その時のノウハウや注文住宅についてのブログを運営しています。

    コメント

    コメントする

    目次