トヨタホームで家を建てると総額いくらになるのか?坪単価や値引き率などすべてブログで解説します!

トヨタホームで家を建てるとどのくらいお金がかかるのか?

これから家を建てたい立てようとしているけどお金のことが心配

家を建てる前に「総額どのくらいかかるか」知ることで他社との比較になり、しかも自分の資金の計画も立てやすくなります。

そこで今回実際にトヨタホームで1から家を建てた僕がお金について解説します。

エメラルド

家づくりにかかった金額全てを公開します。

記事の内容はこちら

記事の内容
  • トヨタホームの資金計画書について
  • 総額と坪単価

この記事を読むことで1からトヨタホームで家を建てた時ときにかかる金額が全てわかります

実際の資金計画書を載せますのでかなりリアルな情報です。

この記事を読んで今後の家づくりの参考にしていただければうれしいです。

それでは解除していきます。

目次

トヨタホームの資金計画書

トヨタホームで家を建てると画像のような資金計画書をもらいます。

この用紙は契約前、最終決定時、建物引き渡し後の3回もらいます。

契約前と契約後の差額がどれだけあったか今後ブログで解説する予定です。10月中旬公開予定。

資金計画書を見てもらうとわかるとおり項目がいくつか分かれているので項目ごと詳しく解説していきます。

総額と坪単価

いろいろ考えないすべての金額を公開します。

総額は37,579,161円でした。この金額はかかった総額です。

つまりこの金額があれば土地を買って、注文住宅を建てることが出来るわけですね。

後半で詳細を解説します。

値引き率について

トヨタホームの値引き率について解説します。

トヨタホームは建物本体価格に対し何%引きというような形で値引きが適応されます。

値引き率は人によって異なり、僕の場合は13%でした。

トヨタホームの坪単価(我が家の場合)

我が家の坪単価を計算しました。

坪単価の計算は、

家の本体価格÷坪数(延床面積)=坪単価

で求めることができます。計算した結果がこちら。

トヨタホーム(我が家)の坪単価

坪単価:86万円

よく聞く「このハウスメーカーの坪単価は〇〇円だ」これは全く参考になりません

理由は家の仕様や設備等の値段によって坪単価は大きく変わるからです。

なので坪単価だけを見てハウスメーカーの選択はしないほうがいいです。

①建築費用

我が家の仕様はこちら。

我が家はトヨタホームの商品「シンセはぐみ」です。広さは30.89坪

建物本体価格25,340,296円

この金額に対し、値引き率13%が適応されます

値引き後の金額がこちら。22,046,058円

現地工事(神棚、アンテナ)

現地工事内容はこちら

  • 神棚
  • アンテナ(テレビアンテナ)

神棚については写真のような神棚です。

ヒノキの板を使った少し高級感のある板を採用しました。板本体の値段は28800円

個人的に神棚は絶対に設置したかったので満足しています。神棚は近くのホームセンターで購入しました。

板が高すぎると感じた方

「神棚を設置したいだけど高級感はなくていい」そんな方は造作カウンターで充分と思います。

おそらくカタログの中に造作カウンターのページがあります。

そちらを天井付近の壁に施行してもらうことで神棚専用の板を施行するよりも安く設置できます。

関連記事:https://emerarudonoki-blog.com/sinntiku-god-shelf/

地耐力調査比(地盤調査)

地盤調査のイメージ

こちらに関しては土地を購入した方全てが行う地盤調査費になります。

金額は40,000円

トヨタホームは鉄骨住宅なので木造と比べると重いです。そのため基礎もしっかり作らなければいけないですし、そもそも地盤が弱いと家が傾いてきてしまう可能性もあります。

エメラルド

鉄骨なので重い

我が家が購入した土地は地盤補強の必要はありませんでした。もし地盤補強が必要な場合は500,000円かかっていたそうです。

我が家の場合は検査前に「地盤は大丈夫だろう」と予想していました。理由は不動産屋さんに聞き、お隣さんの地盤調査が問題なかった点を教えていただいたからです。

土地購入の際雑談がてら少し聞いてみるのもありですね。ただ地盤調査が必要な土地の場合は教えてくれない場合もあるので注意が必要です。

カーテン費用、照明費用

カーテン費用の合計金額です。契約前は300,000円で見積もりをとっていたので予算内に収まりました。

照明費用も特にオプションをつけたりをしなかったので追加料金を取られるような事はありませんでした。

関連記事:https://emerarudonoki-blog.com/ka-tenn/

クロス差額

クロス差額とはアクセントクロスの事です。

標準仕様のクロスであれば追加料金はかからないので本体料金の中に入っていますがアクセントクロスを選択することで追加料金が発生しています。

差額はこの金額になります。5,280円

ちなみにうちは書斎とトイレにアクセントクロスを採用しました。

関連記事:https://emerarudonoki-blog.com/web-viewing-accent-cross/

エコカラット

エコカラットの施工もトヨタホームにお願いしました。エコカラットは玄関の正面の壁に1箇所だけ施行しました。その時の金額がこちらに記載してあります。

エコカラットは固定資産税課税対象

関連記事:https://emerarudonoki-blog.com/lixil-ecocarat/

外構工事

我が家は外交工事を少しだけ行いました。場所は玄関アプローチのみ。写真の部分だけの金額になります。

②諸経費

登記費用や印紙代その他諸々かかるお金の合計です。

詳細は画像で確認。

火災保険

我が家の場合火災保険を一括で支払いました。そのためこの資金計画書に金額が載っています。

人によっては載っていない可能性があります。

また火災保険についてはトヨタホームの提携しているオーナー専用の火災保険に入りました

詳細はこちら:https://emerarudonoki-blog.com/toyotahome-fire-insurance/

③その他費用

分譲地のイメージ

僕自身土地を持っていなかったので家を建てるのと同時に土地も購入しました。

僕の家の土地は広さは91坪で7,200,000円でした。値引きをしてもらい7,000,000円

見積もりになっていない金額

イメージ画像

資金計画書に載っていない金額が1つだけあります。それは家を建てる前に行う地鎮祭のお金です。

地鎮祭のお金だけ自己負担で、なおかつ見積もりにも乗りません。金額がそれぞれですが我が家は40,000円お支払いしました。

その他お酒やお供え物に関してはトヨタホーム様の方で準備していただいたのでこちらでは一切お金を出していません。

まとめ

実際に家を建ててみての感想はお金がかかるなぁというのが正直な感想です。税金に関しても桁違いの金額ですし印紙代等、諸経費もこんなにかかるなと思います。

よく効く家賃で家が立つの営業トークは嘘です。月々のローンのほかに固定資産税等その他見えないお金がまだ隠れています。

最初に予算はこのくらいと決めてその上でハウスメーカーを検討しましょう

でも、、

比較のために住宅展示場を何社も回るのは時間も体力も使うから大変です。

子どもがいると余計大変

簡単に比較できる方法はないのかな?

そんな方には「タウンライフ家つくり」というサイトがおすすめ。

タウンライフ家つくりとは??

住宅展示場やハウスメーカーに直接行かなくても、複数のハウスメーカーから、間取りプランや資金計画の提案を無料で受け取ることができるサイトです。

①間取りプラン

希望にそった間取りプランを作成してくれます。

「書斎が欲しい」「家事がしやすい間取りにしたい」など希望を伝えることで、使い勝手のいい、住みやすい間取りを提案してくれます。

②注文住宅費用

ネットで適正な資金計画を提案してくれます。

注文住宅を建てる時に重要なのは家を建てる総費用を事前に把握すること。本体工事費用以外の諸経費を含めた見積書をもらうことも可能。

③土地探し

ネットで土地探しからご希望の住まいを提案。

家を建てるには土地が必要。敷地の広さ、方角、日当たり、近隣環境、利便性などを考慮して土地探しと家づくりの提案をしてくれます。

これだけのことがすべて無料でできるので、

ユーザーの利用満足度もNo.1!

ネットで見積もりを取るのが不安だったけど、注文住宅部門で3冠を取っているから安心できます!

テレビCMも公開しています。

「タウンライフ家つくり」公式ページ:https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000005&m=6036d0e8b1e43

簡単3分の登録で複数の業者に一括問合せ

使い方は簡単。チャット形式で聞かれた質問に答えるだけです。

エメラルド

吹き出しのお姉さんの質問に答えていく

最後に住宅会社を選択、これで完了です。あとは、住宅会社から提案がくるのを待つだけ。

見積もりをもらうだけ」ということもできるので、とりあえずプランと見積もりをもらい、それをもって住宅展示場に行くのもありですね。

↓↓ 毎月5,000人以上が利用する一括サービス ↓↓

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後のブログ運営のためこの記事の評価をお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

お問い合わせはこちら↓↓

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    2021年にトヨタホームで注文住宅を建てました。その時のノウハウや注文住宅についてのブログを運営しています。

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる