注目キーワード
現在注文住宅の特化ブログ作成中!2021年2月14日引き渡し完了!

【2021年最新!】長野県松本市のバス釣りスポット「田溝池」耐震工事で水抜きされていて釣りができない⁉

長野県にある数少ないブラックバスが釣れる場所「田溝池

数年前まで地元民には有名のバス釣りの名所でした。県外からもブラックバスを求めてアングラー来て釣りを楽しんでいました。

そんな田溝池ですが、現在は少し違った様子になっています。

県外から釣りに来ようとしている人は注意してください

ブラックバス,鯉の釣りスポット

田溝池
2019年5月18日撮影 田溝池

長野県松本市にある田溝池。江戸時代に農業用水を確保するために作られた池です。上の写真は僕が撮影した写真です。

池にはザリガニやタニシ、野鳥などの野生動物が多く生息している。

魚も多くいてブラックバスやブルーギル、鯉がいてそれを目当てに釣りをしに来る人が多くいて、週末になると朝早く行かないと場所が取れないくらい人がいました。

僕もよく仕事の前に池に行って釣りをしていました。

 
仕事前、毎日の日課になってました。

堤防の耐震工事

そんな池ですが、今現在は水が抜かれています。2021年に撮影した写真がこちら。

2021年1月1日撮影

理由は北側にある堤防の耐震強度が基準に達していないことがわかり工事することになったみたいです。

2021年1月1日撮影

令和2年の1月から工事を行っています。

水があると工事ができないということで池の水を全部抜くことになりました。

当然生き物(魚)はいなくなってしまいました。在来種は近くにある池に移したらしいです。

本当かわかりません。

現在は耐震工事のため水が無い

今後池の水はどうなるのか

田溝に行くと必ずいる鯉釣り師の方に聞いた話ですが、工事が終わればまた池に水を入れる予定みたいです。

工事は令和3年11月30日まで行います。水を入れるとしたらそのあとになります。

しかし水を入れても昔の池には戻りません。生き物が戻ってくるには数年かかるでしょう。

僕たちが釣っていたブラックバスやブルーギルは特定外来種なので絶対池に戻ってくることはないです。

まとめ

長野県の数少ない釣りスポットがなくなってしまったのは寂しいですが、地震によって堤防が決壊してしますと大変なことになります。

釣り人目線で言うとブラックバスやブルーギルがいなくなって残念ですが、環境的には外来種を全滅できてよかったのかもしれません。

もう釣りはできないかもしれませんが、今までこの池で釣りを楽しませてもらいました。

水が入って数年後、以前よりもいい池になってほしいです。そうしたら散歩にでも行こうと思います。

釣りスポットが一つなくなってしまったのは残念ですが、気持ちを切り替えて今後も釣りを楽しんでいきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。さようなら!

    >最強のWordPressテーマ「THE THOR」

    最強のWordPressテーマ「THE THOR」

    本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

    日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

    CTR IMG