【口コミ】車一括買取査定「MOTA」をやってみた。入金までの流れを細かくブログで解説します。

最近いろいろなところで、車一括買取査定「MOTA」の広告を見ることが多いのではないでしょうか。

中古車買取一括査定【MOTA車買取】

車を買い替えようと思っているし、今の車を売りたいな

どうせ売るなら高く売りたいな

そう思ってもサイトを使うの初めてだし、流れなどを知らなくて不安に思って使えない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回僕自身が実際に使って自分の車を売ってみました。

サイトの登録ボタンを押してから口座へお金が入金されるまでの流れを細かく実体験をもとに解除していきますので、使ってみようかなと思っている方は参考にしてください。

それでは解説していきます。

目次

MOTA車買取サイト|サイト登録から査定完了まで

それではサイトを使うところから解説していきます。

【2022年11月26日】サイトを初めて使う。個人情報と車の情報入力

MOTA車買取サイトは下記のURLから使えます。

サイトへ行ったらまず必要情報の入力を行います。

車の詳細や自分の個人情報入力します。

必須ではありませんが、車の写真を載せることができます。

僕の場合は

  • 正面サイド
  • リア
  • スピードメーター

すべての情報を入力終わったら入力し、終わったら登録ボタンを押します。

登録をした瞬間から査定が始まります。

他の車一括査定サイトだと登録ボタンを押した瞬間に電話の嵐。これは有名な話なので、知っている方も多いのではないでしょうか。

しかしMOTA車買取サイトは一切そんな事はなく、実際電話も全く来ませんでした。

登録ボタンを押した後、次の日18時に入札結果の開示があります。

18時までに入札があった場合、最大3社まで開示してくれます。

入札に関しては、入札があった時点でメールが来ます。僕の場合は14時20分に入札がありメールが来ました。メールの内容は「入札がありました」と知らせる内容と社名が書いてありました。

こちらが実際のメールです。

エメラルド

ここでは金額が表示されていない

僕の場合は、入札が1社だけだったので、メールは1通でした。

しかし人気の車を査定出したりすれば、いろんな会社から入札があると思いますので、その分メールも多くなります。

【2022年11月27日】18時に入札結果の開示

入札結果の開示があります。

エメラルド

メールが来ます

メールのURLからマイページに移動し、入札をした会社の中で、金額が高い上位3社のみ表示されます。

ここで初めて買取業者から電話が来ます。

おそらく電話が来ても最大3社までなので、電話嵐というようなことありません。

僕の場合は18時に入札結果が出て、18時2分に電話が来ました。

履歴がこちら。

18時2分に電話がありました。

予想はしていましたが、やはり買取業者でした。

買取業者が大手ということもあり、おそらく電話担当のオペレーターが電話をしてきました。女性でした。

驚いたのは電話で今から査定可能と言われたことでした。

今からって言うと夜中の19時、20時になります。

そんな遅い時間でも対応できるのなと思ったのと、どこよりも先に査定をしたいと言う気持ちが表れていたんではないかなと思います。

エメラルド

比較サイトを使っているので、他の会社にとられてしまう前に契約してしたいと言うことでしょう。

もちろん遅い時間だったため、当日の査定はお断りし後日に査定をしてもらうことにしました。

車の査定は、基本的に現地査定になります。

自宅もしくは広い駐車場などで行うことができます。

ご近所さんもいますし、知らない人に家を知られるのも嫌だったので、僕の場合は家の近くの広い駐車場を指定しました。

次の日の10時に現地集合、現地査定と言う約束をしに電話を切りました。

MOTA車買取サイト|現地調査

【2022年11月27日】現地査定当日

いよいよ現地調査当日。

はじめての経験だったためとても緊張しました。ちなみに今回は広い駐車場を指定しました。

エメラルド

コンビニはダメだそうです。

実際にやって感じたのですが、人がほんとにない広い駐車場にする方がいいです。

査定はボンネットを開けたり、車をジロジロ見たりするので、周りからは「何してんだろ。この人たち」と言う目線で見られます。

極力人の少ない所で現地調査してもらいましょう。

営業担当さんが到着しました。まずは軽く挨拶をして名刺をいただきました。

スーツを着た若い人でした。

次の章では何を聞かれたのかどう答えるのが正解だったのかなど、質問の裏の心理など解説します。

査定時に営業マンに聞かれたこと

聞かれた順番に書きます。

おそらく、営業マニュアルがあり大体聞くことが決まっているはずです。

下記の質問の答えは準備しておきましよう。

  • ①この車は売却のみor乗り換えか
  • ②手放す時期はいつか
  • ③査定は何社目か
  • ④希望の金額はいくらか
  • ⑤希望に金額に届かなかったらどうするか
  • ⑥デーラー(他社)から提示された金額は満足か

上記の質問の意図を解説します。

エメラルド

意図を理解し後の交渉で不利にならないように注意しましょう。

  • ①の質問の意図→乗り換えの場合、自社で車を買ってもらおうと思っている
  • ②の質問の意図→本当に売る気があるのか試している
  • ③の質問の意図→1社目の場合と2社目以降の場合で提示金額を変えてくる
  • ④の質問の意図→1社目の場合のみ聞かれる。2社目以降は他社の金額を聞かれる
  • ⑤の質問の意図→「売らない」と言いましょう。
  • ⑥の質問の意図→今回は僕だけの可能性。顧客の金銭感覚を探っている

査定が始まりました

車全体を見た後、1番見ていたのが修理履歴がないかと言う点。

ドアの端を触ったり側面から見て凹みがないか見たりしていました。

ホイールやナビの写真も撮っていました。

この時わかる範囲でマイナスポイントを正直に言いましょう

査定後に発覚すると「減額」になる可能性あります。

査定が終わった後営業マン自身の車に戻り電話してました。

おそらく本部に情報を送って金額を出していたのだと思います。

査定結果の開示

営業マンが車から降りてきて言いました。

「営業マンが査定が終りました!査定金額ですが、50万円です」

と言われました。

エメラルド

まぁ予想した通りの金額。

やはり査定前に具体的な数字を言ったのが間違いでしたね。

ただ、この金額はまだ上がります。

営業マンは様子見で低めの金額を提示してきます。

必ず余力があります。

もう1押し、もう2押し金額を上げることが絶対にできるので交渉します。

1回目の査定金額は低めに設定されている。

ここからは心理戦です。

ここで僕は納得いかないことを伝えると、

12月10日までに手放せば、上に相談できるらしい。どうやら時期的に初売りのための在庫を確保したいようだ。

そこで僕が、

エメラルド

次の車の準備はできてるので、いつでも引き渡せます。

と伝えると、

「分りました。上にいちど確認をしてみます」希望の金額はいくらですかと聞かれました。

ここで僕は570,000円なら即決します。ここで決めたいですと言うことを伝えました。

僕は55万円になればいいと思っていたので少し多く見積もって57万という金額を伝えました。

査定の時も本社に問い合わせていたので、500,000円と言う金額も本社が決めた金額なのではと思いました。

エメラルド

最初の50万円は様子見の金額。この金額で決まればラッキーくらいに思っていたはず。

そしてその金額に対して不満言われ、上に相談で生きてるとは余力があるってことですよね。

57万円で可能かどうか上に聞いてもらえるようにお願いをしました。

すると、営業マンさんは車に戻ってに電話をしていました。

数分後車から降りてきて550,000円が限界です。

もともとサイトで開示された金額は50万〜65万円。

傷もある車で落札時の金額の中間くらいだったので、まぁいいかなぁと思いこの金額で決めることにしました。

3年前にディーラーで500,000円と言われていた中でこの金額が出たのは良かったかなと思っています。

ここでの試み、心残りはやはり2社以上の査定をしてもらい比較したかったです。

MOTA車買取サイトは地方や人気のない車種だと買い取り業者が少なくなり2社以上の比較ができない可能性あり

今回は1社だけだったので、やはりこちらが優位に立てなかった部分もあると感じました。

2社以上を比較していれば、違った結果が出たかもしれません。

MOTA車買取サイト|契約後の流れ。入金まで

引用:https://www.nextage.jp/kaitori/

査定金額が満足したので今回はネクステージ様と契約することにしました。

現地査定後の流れはこちら。

  • 契約書のサイン(オンライン上)
  • 必要書類をもらう
  • 車の引き渡しの日にちを決める

契約後の流れ

また、今回は「ネクステージ」の場合になりますので、他の買取業者と契約した場合は、多少流れが違う部分があるかもしれませんのでご了承下さい。

まず契約したら契約書を書きます。(その場で)

エメラルド

オンライン上で書きました。

その際にまず「ネクステージ」のマイページを作成します。

こちらはもう営業も言われた通りに行います。なので割愛します。

サインは営業担当さんのスマホで行いました。

そしてその後に必要な書類をいただき、後日必要事項を記入してゆうパックで送り返して下さいと言われました。

エメラルド

4枚の書類に自分の個人情報を記入しました

ゆうパックで送り返した書類はいただいた書類と納税証明書です。

契約した日時が2022年11月27日。

少し余裕をもって2022年12月10日までに車を持ち込むことにしました。

そして、できれば平日が良いとの事、休日だとお店が混んでいて対応まで時間がかかるためと言われました。

ネクステージの入金は引き渡し後3日

ネクステージは車を引き渡した3日後に入金されます。

ここで気をつけなければいけないのは、査定金額が満額入金されるかどうか確認する必要があります。

業者によっては、査定金額から手数料を引いた金額を振り込む場合もあるそうです。

提示された金額が銀行口座に振り込まれるのかをしっかり確認するようにしましょう。

そして入金の方法と日数も必ず確認しましょう。

今回の買取業社は大手と言うことで安心できるかなと思っていましたが、一応確認しました。

【2022年12月7日】車の引き渡し

次の車の手配が済んだので、ついに車を引き渡すことに。

引き渡したのは12月7日の10時です。

担当者は不在でしたが、お店の中にいる別のスタッフさんに対応して頂きました。

店内で待っているときにメールが届きました。

メールの内容は車両引き渡しの書類をサインするためのメールでした。

担当者が来てからそのメールを開きWEB上でサインして引き渡しの書類を完成させました。

その後に車に向かい、忘れ物ないかの確認をした後に鍵を渡して引き渡し完了です。

エメラルド

約4年お世話になった車。最後は少し寂しい気持ちになりました。

【2022年12月8日19時20分】取引完了の通知

次の日12月8日に取引完了の通知が来ました。

無事に車の引き渡しも完了。あとはお金が振り込まれるまで待つだけです。

【2022年12月10日】指定した口座に入金される

そして車の引き渡し2日後にお金の入金を確認しました。

実際のへ振り込まれた証拠がこちらです。

車の引き落としから3日後の入金と聞いていたいましたが、今回は車の引き渡し2日後の入金でした。

しっかり提示された550,000円が振り込まれていたので一安心しました。

これでサイトの登録ボタンを押してから入金までの流れを家全て完了しました。

MOTA車買取サイトを使った感想

MOTO車買取サイトを使った感想ですが、とりあえずトラブルなく終わって良かったです。

車買取サイトを使うの初めてだったのでなんか変なトラブルに巻き込まれたり嫌だなぁと思っていました。

MOTO車買取サイトのレビューを見ると

  • 提示された金額から減額された、
  • 手数料を引かれた

など、悪いレビューもありました。

今回はそのようなことは一切なく、取引完了まで順調に進みました。

一点心残りは見積もりをもらった会社が1社だけだったのが、残念でした。

エメラルド

本当は2社以上比較すればよかったと思います。

しかし、普通に買取業社に持ち込むより、比較サイトを通してから交渉するのはだいぶ違います。

理由は、比較サイトを通して買取を依頼してきたお客さんは他と比較して他にも競合業者がいると言うことを頭に置いて金額を提示してきます。

つまり僕から安い金額で買い取ろうと思い低い金額を提示すると、他の業者にとられてしまいます。

たとえ入札が1社だけであっても、比較サイトを通して依頼することで、交渉を優位に持っていくことが可能です。

そして初めて車買取サイトを使って感じたのは、究極の心理戦だと言うことです。

考えてみれば当たり前ですが、僕たち車を売る側高く売りたい

業者は少しでも安く買い取ってお金高く売って利益を出したい

お互いが反対の事を思ってます。

そんな中で、お互いがwin winな状態で取引ができるわけありませんよね。

今回も実際に最初500,000円と提示されていたのに、交渉したら550,000円になりました。もしあそこで僕が分かりましたと言っていたら500,000円でしたよね。

なので交渉することが大切です。

その交渉も、相手の顔色をうかがいいながらまだ余力があるな。

他社はもう少し高い金額を提示してくれました。など相手により高い金額を提示させるように仕向ける心理戦も有効です。

車買取サイトを使いたいなと思った方は、必ず最低限の知識を身に付けておきましょう。

MOTO車買取はこちらから。

まとめ

いかがでしたか。

今回は車一括査定サイトモーターを実際に使ってみてのレビューと感想を記事にしました。

結果から言うと満足のいく金額で取引ができました

このサイトを使っていなければこの金額が出ていなかったのではないかなと思います。またMOTOの特徴である最大3社の見積もりと交渉可能と言う点で電話の嵐がなかったのもよかったです。

初めて比較サイトを使うのは使う人には、今回紹介したMOTOがとても使いやすいと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。

↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

お問い合わせはこちら↓↓

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    2021年にトヨタホームで注文住宅を建てました。その時のノウハウや注文住宅についてのブログを運営しています。

    コメント

    コメントする

    目次